競馬情報料で2700万円騙し取られる

前回の記事に引き続き、今回も競馬に関する詐欺事件を取り上げたいと思います。前回は和歌山県で発生した詐欺事件を取り上げましたが、今回の記事では宮城県は仙台市で発生した事件を取り上げます。

詐欺にあい、2735万円騙し取られる

今回の事件は仙台市に住む女性が競馬の情報料名目で2735万円をだまし取られるという事件です。競馬詐欺の中でもかなり大きな額の事件でしょう。まずは、詳細をご覧ください。
仙台北署は24日、仙台市青葉区に住む無職女性(52)が競馬の情報料名目で2735万円をだまし取られる振り込め詐欺の被害に遭ったと発表した。
発表によると、競馬の情報会社の社員を名乗る男から5月下旬、「お金を振り込んだら、勝ち馬を教える」と電話があり、女性は5月29日~8月2日まで計28回、指定された金融機関の口座に現金を振り込むなどした。

今回の事件も5月~8月にかけて、複数回振り込んでいて、最終的には一度も情報の提供がなかったことを不振に思った女性が警察に相談し、事件が発覚したようです。

競馬情報会社には注意を!

私も個人的に競馬情報会社から情報を提供してもらい、馬券を的中させたこともあるので、全ての競馬情報会社が詐欺というわけではありません。
今回の詐欺事件のように詐欺業者が競馬情報会社を名乗り、悪用していることが多いように感じます。また、競馬情報会社の中でも詐欺まがいなことを行っている会社も存在するので、利用する際は注意が必要となります。
自分から競馬情報会社に何も問い合わせしていないのに、急に電話がかかって来て「勝ち馬を教える」などと持ちかけるのは、ほぼ100%詐欺だと言って過言ではないでしょう。優良な競馬情報会社がそのように飛び込みで営業しているという話しは聞いたことがありません。
他にも、その会社のWEBサイトを見て、内容を確認すれば、その会社が本気で競馬と向き合っているかどうかは、一目瞭然でしょう。競馬に真剣に取り組んでいない会社が勝ち馬を予想出来るわけがありません。

誰かに相談を!

今回取り上げた事件も5月29日~8月2日の約2ヶ月間で28回も現金を振り込んでいましたが、もし誰かに相談していれば、ここまで被害は大きくならなかったでしょう。
相談しなかった理由としては、こんなうまい話しを他の人に知られたくないという思いがあったのではないかと思います。
そのため、回りの人が「怪しげな電話がなかったか?」「こういう詐欺があるから気を付けて」と日頃から話しをすることが大事ですね。

優良サイト一覧バナー

口コミを投稿

評価
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (2 投票, 評価平均値: 4.50)
Loading...

サブコンテンツ