福井県でも競馬必勝法トラブルが発生

福井県では今年に入って初めて、パチンコや競馬の必勝法の提供を名目にした詐欺被害が初めて確認されました。ギャンブル系だろうが何だろうが、もはや狙われる場所は関係ないようです。地方だから大丈夫ということはないのでしょう。

福井県でギャンブル詐欺被害

昨日、ネット上のニュースで福井県で今年、初めてパチンコや競馬の必勝情報の提供を名目にした詐欺被害が確認されたという記事がありました。被害者は会員登録料や情報料として2千万円以上もの高額な金銭を騙し取られた模様です。

実際に金銭を騙し取られた被害者の詐欺手口については詳しく書かれていませんでしたが、類似の勧誘を受けた女性の話が掲載されていました。
 数字選択式宝くじのロト6について「当選番号は仕組まれている。1等は関係者だけが当たり、山分けしている」と説明。「あなたももうけてみませんか」と、「フリーメンバー」や「プラチナメンバー」と呼ばれる会員への加入話を持ち掛け、受諾金として数万円を要求してきた。
ロト6に関する詐欺では、当選番号を知っていると言って信用させ、金銭を騙し取る手口での被害が多いようですが、このように、八百長をほのめかす手口もあるようですね。
競馬でもパチンコでもギャンブルに関して、「八百長」だとか「絶対に当たる」などの言葉を使って来る場合は、まず詐欺だと思って間違いありません。今回、この勧誘を受けた女性は電話をかけて来た男が「周囲に誰もいないかを確認」していた点を不審に思い、最終的には金銭をだまし取られることはなかったようなので、本当に良かったと思います。
今回の女性のように、何か少しでも気になる点があれば、詐欺ではないかと疑う必要があります。
昨日別の事件でも不審に思った女性が詐欺に気づいたという報道がありました。これはいわゆる、オレオレ詐欺で不審に思った女性が実際に長男に電話して、詐欺だと判明しました。

この事例も何かおかしいと思った女性が長男に電話し、確認を怠らなかったことで、被害を免れていますので、やはり何か少しでもおかしいと思ったら、誰かに話すなどして、第3者の意見を求めることが必要です。
福井県の事件から話しがそれてしまいましたが、福井県だろうと、東京都だろうと、詐欺に合う可能性は否定出来ません。特に詐欺師は高齢者を狙う傾向にあるので、十分に注意する必要があります。

優良サイト一覧バナー

福井県でも競馬必勝法トラブルが発生の最新口コミ一覧(3件)

  1. 匿名 より:

    原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」 と述べたらしいですが、 本当は島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときから胸を張って主張している人物です。
    しかも、あろうことか 消費者庁消費者教育員の職におり詐欺撲滅をうたい文句にしてるとか。
    どうして平然と国民を欺くことを言えるのでしょうか。 
    詐欺の件、疑うのであれば以下の件、本人に確認下さい。

    弁護士は虚偽事由で提訴する!
    実態は以下のとおり酷い。
     虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
     それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
     被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
     権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
    人権擁護や正義などは眼中に無いようです。

  2. 匿名 より:

    裁判官樋口英明らは、 「虚偽事由で提訴すること(訴訟詐欺)は正当だ」などと主張し実践する福井弁護士会らを相手の訴訟に対して、 「裁判では虚偽は到底許される」 などと被害者に判決言い渡したらしいです。
    司法に正義などありません。

  3. 匿名 より:

    「福井県は特殊詐欺が増加した」 とのことですが、当然のことでしょう。
    実態は以下のとおり酷い。
     虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
     それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
     被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
     権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
    人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
    危うし! 福井県

口コミを投稿

評価
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (2 投票, 評価平均値: 4.50)
Loading...

サブコンテンツ