なぜ高齢者はナゼ狙われる?

今回は高齢者がなぜ詐欺の被害に遭うのかがかなり明確に書かれた記事がありましたので、そちらを紹介したいと思います。記事内ではなぜ高齢者が狙われるのか、なぜ騙されるのかなどの理由も書かれており、とても興味深いものとなっています。

狙われる高齢者

記事では実際に母親が詐欺の被害に遭っている方の具体的なエピソードや、高齢者の詐欺被害件数がなぜ多いのか、高齢者が詐欺被害に合わないようにするにはどうすれば良いのかまでかかれていました。まずは、下記のリンクから詳細をご確認下さい。
個人金融資産の6割を占める高齢者のカネが狙われている!
現在の日本は団塊世代がの一部が65歳を超えたことで、65歳以上の人口が初めて3000万人を突破し、高齢化社会に拍車が掛かっています。そして、この高齢者の資産を狙った詐欺が年々増加傾向にあるそうです。
記事は4ページに渡って書かれていてちょっと長いので、今回は本文を引用しつつ内容をまとめて行きたいと思います。

なぜ高齢者が狙われるのか?

この理由が分かれば対策が打てるので、かなり重要な部分でしょう。記事内で書かれていた、高齢者が狙われる理由を分かり易いように下記にまとめました。
●今の高齢者の資産が多い
●老後資金が足りないという不安感
●健康への不安
●家族との関係が希薄になり他人に親切にされると嬉しい
●会話するだけで楽しい
●子供たちに遺産を残してやりたいという思い

詐欺業者はあの手この手で高齢者を騙し、高齢者の持つ資産を自分のものにしようと、あの手この手で巧妙に騙しています。健康面に関することや、老後の資金が足りないなど不安を煽ったり、家族との関係が希薄になっている人には楽しく会話をして、親切にすることで信じこませるなど、高齢者だけでは被害を阻止することは難しいことが多いようです。

老後の金は家族で守る!

消費生活センターへの相談は高齢者になるにつれて本人ではなく、その家族など周囲の人から相談が寄せられるそうです。やはり、詐欺のターゲットにされると、高齢者は1人で簡単に抜け出すことはなかなか難しいようです。
記事中では「老後の金は家族で守る!」としており、老後の金を守る最大の防御は高齢者本人と家族の共同戦線が重要だとしていました。
新しい詐欺手口にうとかったり、年齢と共に判断力も低下していくので、おかしな電話や手紙が無かったか?など家族が声掛けをすることが大きな役割を果たすでしょう。家族が入れば良いのですが、そうではない高齢者の方にも公的機関が積極的に対応して行って欲しいですね。
「ウチはそんなにお金持ちではないから」「ウチに限って」など決めつけず、誰にでも起こりうることだと肝に命じて、用心しておきましょう。

優良サイト一覧バナー

口コミを投稿

評価
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (2 投票, 評価平均値: 4.50)
Loading...

サブコンテンツ