競馬用語リスト(た行)

aaaa
あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

競馬をより一層楽しむ為に競馬の用語を覚えていきましょう。このページは競馬用語を説明しています。

たいこう

【体高】
馬の背の高さのこと。測定する際は、キ甲と呼ばれる馬の頂点と、地表との垂直距離を測る。

たいこうば

【対抗馬】
一番人気の馬の相手と見られる馬のこと。一般には二番人気の馬のこと。連対馬というような時には連勝にからむ馬ということ。

タイムオーバー

レースごとに、それぞれタイムの制限が定められており、この時間を超えた場合には次のレースには出走できないような処置をする。
たたく

ダク

馬の速歩のこと。以前あったけい駕速歩馬のことをダク馬などといった。(キャンターの項目参照)速歩の音がダクダク、と聞こえることからつけられた擬音語。
【叩く】
2つ意味があり、ひとつはレース中気合を入れるために馬にムチを入れること。もうひとつは休み明けにレースに使う時に使うが、この場合、仕上がり途上の時に用いることが多い。「休み明けを一度叩く」、「あの馬は一たたきして馬体がすっきりした」といったように使われる。

たづな

【手綱】
騎手の意志を伝える重要な役割をもつ綱のこと。騎手のこぶしと馬の口にあるハミとを連結していて、これで馬を操作する。滑らないように布やゴムに覆われているものもある。
たてがみ

タテ目

馬のくびすじに生えている長い毛のこと。競馬では手綱の動きの邪魔にならないよう、ほとんどの馬が編んで走ります。牧場などでたてがみをなびかせている姿はとても美しいものです。

たねうま

連勝複式の勝馬投票券で1-2、1-3を買ったが、結果は1が消えて2-3となったような場合の2-3がタテ目で、よく「タテ目をくった」などという。
【種馬】
種牡馬(雄)のこと。厳格には種牝馬(雌)も種馬といっておかしくないが、競馬社会では種馬といえば種牡馬だけで、種牝馬は繁殖牝馬、はだ馬といい区別している。

たねつけ

【種付】
繁殖のために血統や成績のよい牡馬を種牡馬として繁殖牝馬に交配させること。

たんしょうしき

レースの途中でペースを落としてスタミナを温存すること。「脚をためる」などと使われる。
【単勝式】
一着馬を当てる勝馬投票券。

たんそう

【単走】
1頭で走ること。最近では専ら調教用語にだけ使われている。
ダークホース

ダートコース

本来は能力のよく判らない馬という意味から出ているが、あわよくば勝てば高配当間違いなしという馬、つまり穴場ということである。

ターフコース

砂馬場のこと。「ダート」とは、ほこりっぽいという意味のこと。

芝コースのこと。

ちちないこくさんば

【父内国産馬】
サラブレット系の馬の父が内国産馬である馬のこと。

ちほうあがり

【地方上り】
地方競馬から中央競馬(JRA)に転籍してきた馬のこと。

ちほうけいば

【地方競馬】
地方競馬の歴史は戦前にさかのぼるが、よって立つ法律(競馬法=昭和23年制定)の公布以降、現在の開催形態が確立された。施工者は「都道府県及び指定市町村(特別区を含む)」であり、馬主と馬の登録及び騎手の免許は「地方競馬全国協会」が行なう。現在の競馬開催場は次の場。(※ばんえい競馬も併設)【北海道】北見(ばんえい競馬のみ)※岩見沢※帯広※旭川札幌函館【東北】盛岡水沢【関東】宇都宮高崎浦和船橋大井川崎【北陸・東海】金沢笠松名古屋中京【近畿】園田姫路【中国・四国】福山高知【九州】佐賀荒尾

ちほうけいばぜんこくきょうかい

【地方競馬全国協会通称:NAR】
地方競馬の公正かつ円滑な実施の推進を図るとともに馬の改良・増殖や畜産を盛んにすることとを目的とし競馬法に基づいて設立された団体。主な業務は、馬主及び馬の登録、騎手の養成、訓練、免許交付審判員その他の地方競馬の実施に関する事務を行なう者の養成、訓練、派遣などであるが、もうひとつ大きな仕事として、畜産振興のため競馬の益金を役立てている。設立は昭和37年8月1日。

ちゃくさ

【着差】
先に決勝線に到達した馬の鼻先から次の馬の馬の鼻先までの間隔。着差はハナ、アタマ、クビ以外は1/2、3/4、1、11/2、2、21/2というように馬身で表示される。10馬身を越える着差は「大差」という。

ちゃくじゅん

【着順】
ゴール(決勝線)への到達順位。着順は馬の鼻先が決勝線に到達した順位である。脚が先に出ていたり騎手がムチを伸ばしていても着順には関係ない。平地競走では馬に鼻先で、ばんえい競走ではソリの後端で判定する。

ちゃくじゅんへんこう

【着順変更】
競馬はどのレースでも決勝線に到達した順位で確定するわけでわなく、失格の項で述べた理由があれば、その馬を降着して順次着順が繰り上げること。

ちゅういば

【注意馬】
→特注馬に同じ。

ちゅうおうけいば

【中央競馬】
日本中央競馬会が施工者になって開催する競馬のこと。
抽せん馬

ちょうきょう

【調教】
馬を訓練すること。2歳馬の秋から鞍付、騎乗から始まり競走に必要なことをおぼえさせることである。調教すなわち、攻め馬(責馬)ともいわれている。

ちょうきょうし

【調教師】
馬主から馬を預り、これらの馬をしっかりとした管理・調教をしレースに出走させる責任者のこと。トレーナーという。

ちょうきょうじょしゅ

【調教助手】
調教師の代行役。調教、飼養管理の監督、厩舎の事務などを調教師の指示によって行うのが仕事である。

ちょうきょうしんさ

【調教審査】

ちょうきょうていし

【調教停止】
調教師に対する処分の一種。競馬施行規程第125条、第125条の2、第126条及び第127条に規定されている。1.第125条競馬の公正を害し、または競走に支障を生じさせた調教師は規程により調教停止となる。2.第125条の2競馬違反その他競馬の公正を害するおそれがあると認められる刑事事件で起訴された調教師は、その裁判が確定するまでの間調教停止となる。3.第126条馬主、調教師、騎手、調教助手、騎手候補者、厩務員に対し、期間を定めて調教もしくは騎乗を停止し、戒告または10万円以下の過怠金を徴収する。対象事項は、馬の登録、馬主の名義、騎手・調教師の免許、レース時の手続き、騎乗、禁止薬物等、広い範囲での各規程違反。4.第127条裁定委員会の議定あるまでの間の調教停止について定めている。

ちょくせん

弥富トレーニングセンター内に設けられた合同宿泊所のようなもので競走の公正の確保を期し、また心身の調整を図るために、騎乗予定者全員が入室を義務づけられている部屋でこと。競馬開催の前日から入室します。
【直線】
最後の直線走路。ふつう4コーナーを回ってからのホームストレッチのこと。勝負どころの追い込み線と考えればよい。=ホームストレッチ

ついとつ

【追突】
歩様の時また、はしる時に、前後蹄が互いに衝突すること。早い速度或いは歩様が乱れた時など前肢の球節後面、つなぎ、蹄冠部などを損傷することがある。

つきげ

【月毛】
馬の毛色の種類で国内では北海道和種によく見られる。被毛はクリーム色から淡い黄白色のものまであり、長毛は被毛と同色から白色に近いものまである。アメリカから乗馬として輸入されているパロミノもこの毛色に属する。

つなぎ

レース中前後、左右に他馬がいて、馬群に入ってしまい、出ることも退くこともできないこと「ポケットに入る」ともいう。馬数の多いレースでは実力馬もこのような展開になって力を残して負けることもある。
【繁】
蹄の上部と球節の間の部位のこと。獣医学上の第一指(趾)骨で構成され第二、三指(趾骨)は蹄の中にある。つなぎは馬体の400~500キロからある負重を受けてこれを和らげる重要な部分である。疾走する時くもずれを起こすほど沈下することからも、いかに重要なところであるかうかがわれる。後面の凹んだところを繁凹という。

つよめ

【強目】
実戦同様に仕掛け気味に調教する状態。

ツルくび

パドックなどで歩いている時、長いクビをツルのように曲げている状態をいう。レースが間近に迫っていることを察知し、神経をたかぶらせている馬によく見かける。一見、気合に満ち溢れ、いかにも走りそうな印象を与えるが、競走能力とは関係なく、馬の気性の現われと見るべきである。

てあて

【手当】
馬を出走させることによって、馬主・調教師・騎手・厩務員に支払われる一定の額のお金のこと。騎乗手当や出走手当などがあり、これらは主催者が支払う。

ていさふらん

【蹄叉腐爛】
蹄底の蹄叉の凹部に詰まった汚物が原因で蹄底が腐食し、悪臭をはなつ病気であり、重症になると跛行を呈する。原因は厩舎や放牧場の不潔、蹄の手入不足等であり、何よりも予防が肝心である。

ていてつ

【蹄鉄】
馬の蹄に打ちつける鉄板のこと。次のようなものがある。・平常鉄(調教用蹄鉄)調教と平時の運動に使われるものがある。これは、極軟鋼といわれる鉄によって作られている。・ニューム鉄(競走用蹄鉄)ニューム鉄は勝負鉄ともいわれ、実戦に使われる。・あいのこ鉄爪の悪いもの、鉄の取り外しが困難ものに対して、平常時と勝負鉄の両用としてアルミニューム製のものがある。以上の3種が競走馬に使用されているが馬の肢勢によって追交、交突、蹄底の浅いものに対して特殊な鉄が作られている。
蹄の生長

ていようえん

蹄が上(蹄冠)から下までのびる期間は体質によって異なるが、大体蹄の先端から蹄冠部まで10~12ヶ月、中央部で6~8ヶ月後部で3~6ヶ月である。
【蹄葉炎】
馬の蹄の内部は血管が発達しているが、体重が重いこと、心臓から遠い体の末端にあることなどから心臓のポンプ作用を持ってしても血液が充分に行き届かない。これを補っているのが蹄機(歩行の際、蹄の負重免重が繰り返され、一種のポンプとして動き、血行を促進する)である。肢に故障を発症し、動けずにたの肢で長時間負重し続けると、蹄の内部の血液循環が阻害され、蹄の内部に炎症が起こり激しい疼痛を発する。これが蹄葉炎である。馬は体重が重く、奇蹄類(蹄が1つ)であるため病勢の進行を止めることは難しく、重症に至ると予後不良となることが多い。

テキ

レースで、それまで騎乗していた騎手から他の騎手に乗り替わること。

デッドヒート

競馬社会のみ使われている隠語のひとつで、調教師のこと。騎手、厩務員等が自分の調教師のことを「うちのテキが」などというように使う。テキ屋言葉で上野をノガミというように、テキとは騎手をひっくり返して、ひらがな読みをした(手・騎=テ・キ)ところからきている。

デッパ

2頭以上の馬が同着になる意味から転じて、優劣の判定がつかないほどの激しい競い合いを指していう。

てっぽう

発馬のこと。ゲートの出が悪い馬を「デッパが悪い」などという
【鉄砲】
比較的長期の休養明けでレースに使うこと。このような場合にレースに使うことを「鉄砲使い」、また鉄砲使いでレースで好走するような馬を「鉄砲の利く馬」という。

てまえ

【手前】
馬が走る時、右前脚を左前脚より常に前に出して走ることを右手前という。これは左後脚を大きく踏み込んで大地を蹴るための推進作用からくる歩法で、左前脚の場合も同じであるそれでは馬は右利きなのか、左利きなのだろうか。普通はどちらもこなすだが、なかには先天的に「右利き」とか「左利き」という馬もいる。ただいえることは、動物は大体心臓が体の左側についているので、左利き、左手前で走る方が自然のようである。人間の陸上競技場のトラックが左回りということもこれを裏書している。競馬ではアメリカのコースは左回り。日本では右回りが多い。それと、4脚のいずれかに慢性の故障のある馬は、はっきり右、左のどちらかの手前を苦にするようである。不器用な馬は直線コースからカーブにかかる時、手前を変えそこなって骨折することがある。

でむち

【出ムチ】
「出ムチをくれる」といい、最初のダッシュがにぶい馬に対して或いはどうしても先行したい時にスタート直後からムチを使って気合をつけること。
でめ

【出目】
連勝式勝馬投票券における組合せ番号のこと。つまり、8頭出走の場合、枠複を例にあげると1-2から7-8までの28通り、9頭以上の頭数は、5-5、6-6、7-7、8-8、までの4通りのゾロ目を加えて最高32通りになる。この出目を研究して投票券を買うファンも多い。

てんじんのり

最初とか、真っ先とかの意に用いる。テン乗り、テンの半マイル、テンに追う、テンにおかれるとつかわれる。テンに乗りというのは、その馬に騎手が始めて騎乗することをいう。
【天神乗り】
騎手の乗り方のひとつで、モンキー乗りと対比して呼ばれることが多い。鐙を長く持ち背筋を伸ばして馬の背と垂直にまたがった騎乗スタイルとなる。モンキー乗りは騎手の体重が馬の背の前方にかかるが、天神乗りは背中に直接かかるので、馬の負担が大きくスピードが出にくい。昭和33年にモンキー乗りが導入されるまでは日本の競馬はこの天神乗りが主流を占めていた。

でんぴん

【伝貧】
馬伝染性貧血の略語であり、馬特有の法定伝染病である。ウィルスによって感染する。典型的な症状は40℃前後の高熱を出し、2~4日後には平熱に戻るが、この状態を繰り返す(回帰熱)。通常、感染した馬は次第に貧血し、痩せていく。感染が判明すると法の定めにより安楽死の処置がとられる。自衛の見地から弥富トレーニングセターでは年2回、全在厩馬を対象とした伝貧検査を行ない、施設外から入厩する馬は、その都度検査を実施して予防に努めている。近年、診断法が確立されたので、現在ではほとんど見られない。

でんまひょう

【出馬表】
当日出走する馬レース毎に記載した出馬一覧表。競馬場及び場外発売所の入口で配られている。シュツバヒョウとも呼ばれている。一般に出走馬の記載された印刷物の総称。

でんわとうひょう

【電話投票】
電話でも馬券が買えるシステムのこと。競馬場にこれないファンの方、場外発売所の混雑緩和やノミ屋防止のため考えられた投票方式で、ファンが一定の金額をあらかじめ銀行に預金しておき、電話で勝馬投票券を購入する。購入するとその金額が預金から差引かれ、的中すると預金に払戻金が振替えられる。

とうさいば

【当歳馬】
その年生まれた馬に対して使われる。

どうちゃく

【同着】
2頭以上の馬が同時に決勝線に到着すること。その場合、決勝写真の拡大し、その他の方法によっても判定がこんな場合は同着とする。賞金は同着頭数分の総額を等分します。馬券についてはどちも的中となります。

とうらく

【頭絡】
馬の頭から顎、頬、鼻の上、そしてうなじにわたって、細い幅の革でできた馬具で、ハミを吊って馬の口の中に入れ、適当な位置を保たせるために使用する。また同時に馬を取り扱う場合の補助の役目もする。頭絡には普通の乗馬、競走馬用のもののほか、狩猟用、狂奔癖馬用等がある。またハミをつけない端綱(はつな)というものもある。

とうろく

【登録】
競走馬の馬主となったり、競馬場で馬を走らせたりする場合は、それぞれ登録を受けなければならない。地方競馬で馬を走らせようとする馬主や、走ろうとする馬は、地方競馬全国協会の登録が必要です。

とくちゅうば

【特注馬】
本命視されたものでもなく、対抗馬でもないものが、レースの進行によって入賞できる可能性があるものに対していわれる

とくはい

【特配】
⇒特払い
とくばらい

【特払い】
特別払い戻しのこと。レースは正規に行なわれたたが、勝馬に1票も投票していなかった場合(的中者がない場合)、払戻金もない、0円だと思っている人は多いかもしれないが、ところが大間違い。その場合、その賭式の投票券(馬券)に対して、1票70円の特別配当金として払い戻しをすることをいう。

とくべつきょうそう

【特別競走】

とちくりげ

【栃栗毛】
被毛は黒味がかった帯褐黄色で、長毛は被毛と同色かその色を帯びた白色であるもの。
とも

ともびき

馬体を大きく3つに分けて前躯、中躯、後躯と呼ぶが、その1番後方の後躯のこと。その中には尻、股、後肢が入っているが、一般的に後肢を指して呼んでいるようである。
【友引き】
既に馬券が発売されてから競走除外が出てしまった場合に、同じ枠にもう1頭の馬がいると、その馬も同時に除外されることをいう。現在、この制度は廃止されたので友引きはありません。

トレーニングセンター

競馬関係紙の記者で、レースの予想、記事を書くために弥富トレーニングセンターや名古屋競馬場で、朝早くから馬の調教を観察したりタイムをとったり、また厩舎を歩いてその週に出走予定の馬の調子を取材したりする人のこと。

トラックマン

競走馬を一カ所に集めて合理的に調教する場所。名古屋競馬場の弥富トレーニングセンターは昭和52年に愛知県弥富町に完成。平成12年10月に併設場外発売所「サンアール弥富」をオープン。

優良サイト一覧バナー

サブコンテンツ